一般歯科

虫歯治療で心がけていること

主に虫歯治療となりますが、まず先決となるのは痛みをとることです。治療をしながら、痛みの原因を探ります。
なるべく神経を残す前提で治療をいたしますが、露髄(神経の露出)しているような場合や、検査などを行い後々痛みが出るようなことが起こりうると判断した場合には、神経を取る場合もございます。
もちろん、患者さまに詳しくご説明し、同意を得られてからの処置となりますので、ご安心していただければと思います。
抜歯の場合も同様で、なるべく歯を残すような治療をしております。しかし、歯周病が末期まで進行している場合には、抜歯の選択をする場合もあります。

虫歯を放置するリスク

虫歯は放置しても治るものではありません。痛みが進行するばかりでなく、悪化すると神経や歯そのものを取らなくてはいけなくなります。

痛くない治療をするために行っていること

表面麻酔と局所麻酔を適切に使用し、痛みの少ない治療を心がけています。また、鎮痛・沈静治療を先に行っておき、後日抜歯をするという場合もあります。
露髄していて痛みが出ている場合などには、痛みをとることをまず行い、その後に根本的な治療を行うことで、患者さまの負担を和らげることを行っています。

治療後の注意点

神経を残す場合

神経を残した場合であっても、症状が改善されるとは限りません。経過を診ていく必要があるため、定期的な健診をお勧めしています。

神経を取った場合

神経を取った場合には、並行して根管治療が必要となります。短期間で治療が終えられるものではないので、ある程度の治療期間がかかると思っていただければと思います。

奥歯の治療をした場合

一時的に食べ物が噛みにくくなる場合もあるので、口の中を傷つけないようにご注意ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、豊川市にあるそだ歯科医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 0533-89-7733
    contact_tel.png
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちら